ゲーム会社 大手の給料や年収ってどれくらい?

ゲーム業界にある職種別に仕事内容や年収を解説!未経験でも大丈夫?

2017年04月16日 18時14分

ゲーム業界における職種別に仕事内容、年収を解説します。
未経験での採用実績も記載しているので、転職を検討している人は参考にしてください。

 

ゲーム開発に携わる職種

ゲームプランナー

ゲームを作る上での企画から仕様書作成を行う職種です。
ゲームプログラマーがプログラムでゲームの実体を作って行くのに対し、
ゲームプランナーはその骨組みを作って行くイメージです。
 

年収

最初の年収は300万〜500万ほどで、
年数を重ねたり、ヒット作を生み出すことで何千万にも跳ね上がる可能性があります。
 

未経験での採用実績

基本的には経験者を雇うケースが多いですが、
ゲームに対する熱意次第では未経験でも採用される場合もあるようです。



 

ゲームプログラマー

ゲームプログラマーはゲームプランナーの作成した仕様書を元に、
実際にプログラムを書き、ゲームが動くようにしていく職種です。
 

年収

最初は300万〜500万で採用される場合が多いですが、
そのあとは実力次第で変わってきます。
やはり大手の方が年収は高いので、中小からのキャリアアップとして、
転職するケースも多いです。
大手の場合は実力によってですが、1000万以上の報酬を受け取っている人もいます。
 

未経験での採用実績

未経験でもやる気があれば採用してくれるところも多いです。
ゲームに対する情熱を語れると、採用確率は格段に上がってくるでしょう。
ゲーム業界以外でのプログラム経験も大いに役立つはずですので積極的にアピールしましょう。



 

ゲームデザイナー

ゲームのキャラクターや背景などのデザインをするお仕事です。
ゲームのシステム内容やストーリーにも携わります。
 

年収

最初の年収は400万〜500万程度が多いようです。
大手の有名デザイナーになると、数千万の報酬をもらっている人もいます。
 

未経験での採用実績

大手のゲーム会社ではまず新卒以外で未経験を雇うということはありませんが、
ベンチャーなどでは、未経験から経験を積んで行くという場合もあるようです。
実際はデザインのクオリティによるので、実力次第の職種でもあります。



 

サウンドクリエーター

ゲーム内の音楽や効果音の制作を担当する職種です。
作曲やDTMソフトを使いこなして、ゲームの中に音という彩りを加えていきます。
 

年収

最初は300万〜500万でスタートする場合が多いです。
経験を積んだり、フリーランスとして独立すると年収1000万円を超えてくる人もいるようです。
 

未経験での採用実績

未経験でも採用している会社もありますが、
通常よりも年収は下がってしまう傾向があります。
そこからは経験と自分の努力次第で報酬を上げることもできます。




 

ゲーム業界その他の職種

ゲーム業界も他の業界と同様に、
人事、経営企画、総務、経理などを募集している場合もありますし、
人事異動で配属される場合もあります。
開発に比べ、比較的残業が少ない傾向にあります。
 

開発以外への就職を目指したい場合は、
随時求人情報をチェックするようにしましょう。


トップページ(ゲーム会社大手の給料は?)へ戻る